ボストンテリアに最適な保険の選び方とは?ペット保険3社を比較して申し込んでみた

我が家のボストンテリアBonが生後4か月になり、外出することも増えてきて

もしかしたら、怪我や病気になる可能性も無いとは言い切れないので

ペット保険に入ろうと思い調べはじめたのですが

前よりペット保険って増えているんですね~。10社以上ある。うーん迷う・・・

選ぶのに少し時間はかかりましたが、自分なりの条件で3社まで絞り、

比較してみて、ボストンテリアに最適であろう保険に申込みました。

なぜその保険にしたか、まとめてみたいと思います。

決して、保険の回し者でも何でもありません。

イチ飼い主としての、個人的な意見もあるので、ご参考程度に見て下さい。

Sponsored Link

希望するペット保険の条件とは

以前、飼っていたボストンテリアの病院通いや手術した事などを考慮して

3つの条件にあてはまる保険に絞ろうと考えました。

・全国の動物病院で使える保険であること
・安いだけでなく、保険料と補償内容のバランスがとれているもの
・通院・入院・手術の全てが保障されること

初めてボストンテリアを飼った頃(2011年頃)は、アニコム損害保険にはいっている人が多かったですよね。

大手の安心感と窓口で保険金の清算が出来るという画期的なシステムだったので

保険の請求の手間もなく、すごく便利でした。

なので、今回もアニコムにしょうかな~と考えていたのですが

なんと2015年に保険が改定されて、補償内容の割に保険料がけっこう高くなってました。

俗にいう改悪ですね。残念です。

ペット保険3社に絞って資料請求

とりあえず、上で述べた3つの条件を満たす3社に絞って資料請求してみました。

↓私はコチラのサイトから資料請求してみました。

【ペット保険資料一括請求】はコチラから

あと、ボストンテリアは各社、中型と分類されているので中型犬の保険金額となっています。

PS保険

PS保険は、保険料の安さと色々なプランがあるのが特徴です。

保障の範囲 手術、入院、通院すべてを補償
全国の動物病院で使用できるか 全国の動物病院で利用可能
保障の割合(プラン) 50%、70%、100%
年齢の条件 新規:生後120日~9歳未満 更新:終身可

 

ボストンテリア(中型犬)
50%補償 2393円/月
70%補償 3132円/月
100%補償 4045円/月

100%の全額補償プランもあるのが、魅力的ですね。

しかし、支払い限度額が100万円までなので100%補償プランに加入していても、

100万を越えると負担しなければなりません。

請求に関しては、支払いまでにかかる日数は平均3.6日ほど。

請求から支払いまでスピーディーです。

動物病院でのお支払いをクレジットカードで行うことで、家計への負担を減らすことが可能です。

保険金を受け取れるまでの日数が少ないので、クレジットカードの引き落としよりも、先に口座に保険金が入金されるため

家計への負担がかかりにくくなります。おまけにクレジットカードのポイントが貯まっちゃいます!


日本ペットプラス少額短期保険

入院・手術など高額治療があっても安心!

補償の範囲 手術、入院、通院すべてを補償
全国の動物病院で使用できるか 全国の動物病院で利用可能
補償の割合(プラン) 50% 70% 90%
年齢条件 新規:生後31日~満11歳未満 更新:満20歳まで

 

ボストンテリア中型犬
50%補償プラチナプラン 2412円/月
70%補償プラチナプラン 3378円/月
90%補償プラチナプラン 4344円/月

比べた3社の中では、保険料が一番高いもののペット保険の相場からいえば安くなっています。

また割引がたくさんあり、インターネット加入割引、マイクロチップ制度、多頭割引、無事故割引があるので

割引が多いと、かなり安くなります。

100%プランでも限度額がある保険や80%でも免責金額がある保険など制限がかかっている保険会社が多い中、

90%で総額保障型というのが魅力です。

入院、通院、手術のどの治療を受けたとしても1日の保険金の支払い限度額が無制限というのも安心。

ただし、保険適用外の脱臼などは保険がおりないとの口コミもあったので注意が必要です。

手術や入院って、ものすごい高額になったりしますが、限度額が無制限のため自己負担額は少なくなります。

かなり手厚い補償で、この保険料なのでコスパは一番かもしれません。

FPC保険

安さと通院補償の手厚さが魅力の保険です。

補償の範囲 手術、入院、通院すべて補償対象
全国の動物病院で使えるか 全国の動物病院で利用可能
補償の割合(プラン) 50% 70%
年齢条件 新規:生後30日~9歳未満 更新:終身

 

50%補償プラン ボストンテリア(中型犬)
0~4歳 1590円/月
5~8歳 2390円/月
9~11歳 2920円/月
12歳~ 3640円/月
70%補償プラン
0~4歳 1950円/月
5~8歳 2930円/月
9~11歳 3910円/月
12歳~ 4750円/月

FPCの保険料は、比較した3社の中で一番安くなっています。

また12歳以上は保険料の引き上げがなく、中型犬のボストンテリアは8歳までは小型犬と同じ保険料なのです。

動物病院の利用でダントツで多いのが通院ですよね。FPC保険は通院補償が手厚いのが特徴で、

通院補償の支払い限度額や限度回数が設定してある他の保険会社と比べると、

一番の手厚い補償内容でした。

ちなみに通院保険金は1日あたり1.25万までで、年間の限度数は30日までとなっています。

とどめは、免責金額がないということ!

なので、細かい通院も補償されます。ボストンテリアは皮膚疾患も多い犬種なので

皮膚病やアレルギーの通院も補償されます。

ただ手術に関しては、限度が1回と少ないですが手術を年2回受けることは稀なので

そこまで気にしなくてもよいかもしれません。

【ペット保険資料一括請求】はコチラから

資料請求したいところにチェックを入れて、「資料一括請求スタート」をクリックするだけでOK

我が家のボストンテリアの保険決定

3社とも、魅力的なプランや補償があり迷いましたが

まだ0歳の子犬なので、手術、入院などのリスクは低く

小さな怪我や風邪などの通院が一番多いと考えて、通院補償が手厚い

FPC保険の70%補償プランに申し込みました。月々1950円です。

現在、なんでも口に入れてしまうBon にとって、異物誤飲も補償してくれるので安心です。

保険料と補償のバランスが良いのも決め手でした。

なお、この保険の情報は2018年現在のものです。

FPCの保険の申し込みもネットでサクッと終わり、2週間ほどで保険証が届きました。

右の書類は保険を請求する時に使うものです。

↓書面でも申し込み可能です。

申し込み日から最短で21日目から補償されますよ~

ひとまずペット保険が決まって安心しました。

ペット保険に迷っている方の少しでも参考になれば幸いです。

ボステリブログランキングは
↓↓コチラです↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です