ボストンテリアの平均寿命は短い?長生きしてもらうポイントとは

ボストンテリアの平均寿命がどの位なのか気になりませんか?

考えたくはないですが、どんなに大切な愛犬でもいつかは別れが訪れます。

そこで今回は、ボストンテリアの平均寿命や長生きするためのポイントをまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

ボストンテリアの平均寿命は短い?

ボストンテリアの平均寿命は10年9カ月と言われています。

これは、個体数全体の平均寿命12年8カ月を下回ります。

イギリスのケンネルクラブの調査によると、イギリスでの犬の死因の1位は癌(16%)であり、次に心臓病(8%)となっています。

しかし、この報告で、ボストンテリアには他の犬種とはことなる部分がありました。

ボストンテリアでは、死因の1位が心臓の疾患(19%)で2位が癌(16%)となっています。

しかも、心臓病の割合が他の犬種よりも2倍の数字になっています。

ボストンテリアの最長寿命は?

ボストンテリアの平均寿命は犬全体の平均寿命より低いことが分かっていますが、良いニュースもあります。

ボストンテリアの平均寿命は、あくまでも平均であり、長生きする個体も多いです。

ボストンテリアの最高寿命は、正式な記録はありませんが20歳だと言われています。

私の周りを見回してみても、10歳以上のシニアワンちゃんは多く、15歳ということも珍しくありません。



ボストンテリアに長生きしてもらうには?

大切な家族であるボストンテリアには、少しでも長生きしてもらいたいもの。

ここからは、寿命を延ばすために普段の生活から気をつけることをまとめてみました。

体重の増加に注意する

適性体重の犬の方が、肥満体質の犬より長生きすることはアメリカの獣医医学会誌でも発表されています。

同じ日に生まれた子犬たちを2つのグループに分け、食べ物を除い同じ環境で育ててみると、肥満グループよりも適性体重の犬のグループの方が、平均で2~3年長生きしました。

ボストンテリアの適性体重を維持し、食べ物に気をつけてあげるだけで、寿命に逆らうことができるのです。

ボストンテリアBonちゃん2歳に!生まれてからの体重の推移まとめ

2020.06.24

寄生虫に注意する

ノミ・マダニ・フィラリア・おなかの虫は、いボストンテリアにとって厄介な存在です。

ノミやダニは、犬に付着したあと飼い主さんに感染したりしますし、蚊を媒介とするフィラリアは発見が遅れれれば命に関わる恐ろしい寄生虫です。

定期的な駆虫と適切な寄生虫駆除は、危険な病気を回避するうえでかかせません。

【4カ月】狂犬病ワクチン接種の費用とフィラリア予防とカエルボン?

2018.10.07

去勢する?しない?

犬全般を見て長生きするのは、去勢されたメスのグループです。

メス犬の早期の避妊手術は、乳癌や子宮感染症のリスクを少なくし、オス犬の去勢は、前立腺肥大症や命にも関わる前立腺腫瘍も防ぎます。

我が家は、以前ボストンテリアのメスを飼っていましたが、5歳のときに子宮感染症にかかり、命の危険にさらされました。

避妊手術を早くしておけばよかったと後悔しましたが、手術は麻酔も伴いますので獣医さんや専門家によく相談してデメリットも理解したうえで、決定することをオススメします。

子犬選びは慎重に

ボストンテリアは遺伝性の健康を起こしやすい犬種でもあります。

そのため健康の基礎となる子犬選びは慎重に行うことをオススメします。

できれば、ブリーダーさんのところに直接足を運んで、親犬も見せてもらい健康上問題がないか確かめてみた方がいいでしょう。

ボストンテリアに多い病気

ボストンテリアが、かかりやすい病気にも注意が必要です。

心臓病

ボストンテリアの病気に多いのが心臓病です。

症状は4歳以降に発症する傾向があるので、なにか心配なことがあれば検査した方がいいかもしれません。

早期発見し治療や投薬をすることで、何年も延命できるかもしれません。

椎間板疾患や脱臼

ボストンテリアは膝蓋骨の脱臼、変形性脊椎症などの骨や筋肉の病気にかかりやすいと言われています。

ひどくなると、慢性的に痛みがあり、歩行困難になることもあるので注意が必要です。

手術で命を救うことができますが、費用がかかるため、ペット保険に入ることをお勧めします。

ボストンテリアの病気・ケガの特徴を知ってペット保険を選ぼう!

2019.07.15

てんかん

発作的に繰り返される全身の痙攣や意識障害などを引き起こす“てんかん”。

一般的に若いときから発症することが多く、6か月~3歳までの間に初めて起こることが多いようです。

呼吸器の病気

鼻ぺちゃ犬と呼ばれる短頭種は、愛くるしい姿は魅力ですが、長い口蓋と過度に長い舌、鼻の孔が先天的に狭いため呼吸器系の障害をおこしやいことで知られています。

犬は、体を冷やすために、口で呼吸をすることで体温を適性に保っています。

呼吸の疾患をかかえやすいボストンテリアは、激しい運動や暑い気候の中での散歩などに気を付ける必要があります。

最後に

ボストンテリアは決して長生きな犬種ではありませんが、遺伝的な疾患や食べ物に注意するだけで、寿命を延ばすこともできます。

たっぷりの愛情を注いで、少しでも長く一緒にいられるように工夫して生活したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です