犬の夏バテ食事レシピ『ご飯食べない・・・』をこれで解消!

「夏になるとご飯をたべなくなる」、「散歩に行きたがらない」など、愛犬の夏バテに悩まされている飼い主さんも多いないでしょうか。

我が家のボストンテリアのBonも、夏に食欲が落ち、なんとなく元気がない日がありました。

そこで、今回はBonが夏バテを解消した食事レシピをご紹介します。

Sponsored Link

夏バテにおすすめの食材は?

夏バテに効くのは、バランスの良い食事ですが、食欲なないときに美味しくないものを与えてては、ますます食べてくれなくなります。

そこで、夏バテ時期にも美味しく食べられる食材をご紹介します。

豚肉

豚肉はスーパーなどで、手に入りやすいお肉です。

他のお肉よりもビタミンB群が多く疲労回復や代謝に効果的ですので、夏バテのワンちゃんの食事には、積極的にに取り入れていきたいですね。

豚肉の場合は、不足しやすいビタミンB1の補給を目的に摂取とするので、なるべく脂肪が多いヒレなどには量の注意が必要です。

馬肉

馬肉は何と言っても、低カロリー。

夏に失われがちな亜鉛(ミネラル)や鉄分が豊富で、グリコーゲンという糖質が多く含まれているため、疲労回復にも効果的です。

また生肉には酵素が多く含まれているので、消化を助けスムーズに栄養を吸収できる優れた食材です。

旬の夏野菜

夏野菜には水分やビタミンなどの栄養素が豊富に含まれているものも多く、脱水症状や食欲不振を解消するのにとても良い食材です。

トマト・・・抗酸化作用のあるリコピン、β‐カロテンを多く含む。食べやすくカットして与える。加熱した方がより吸収率がアップ!

きゅうり・・・水分を多く含み、体温を下げる効果もある。食べやすくカットし、水分補給目的なら生のままで与える。

レタス・・・水分・食物繊維・ビタミンC・E・カリウムが豊富。与えすぎると食物繊維が豊富などで下痢をしやすいため控え目に。

かぼちゃ・・・免疫力アップ・老化防止・夏バテ予防に効果あり。種やワタを取り食べやすい大きさにカットして加熱して与える。

枝豆・・・たんぱく質や鉄分、カルシウム、ビタミンが多く含まれる。おやつなどの代わりに与えてもOK。

このように、夏野菜には嬉しい栄養素がいっぱいです。

適切な量を守って、ごはんやオヤツに取り入れても良いでしょう。

↓犬に与えてはいけない食事はコチラ↓

【危険】犬に与えてはいけない食べ物と与えてしまいがちな要注意食品

2018.09.15

いつものフードにちょい足しトッピング

上記の夏バテに効果的な食材から、我が家の愛犬Bonが好きそうな馬肉をいつものドッグフードにトッピングしてみました。

馬肉トッピングで食べてくれた!

トッピングといえば、鶏のささみを与えている方も多いですよね。

もちろん、鶏のささみも脂肪分が少なく、良質なタンパク質を含み、毛づやにも良い必須アミノ酸のバランスもとても良いお肉です。

しかし、贅沢もののBonは、鶏のささみをトッピングしてもフードを残すようになってしまいました。

獣医さんに相談してみると、「夏バテには、馬肉を与えてみては?」と言われ、試してみることにしました。

馬肉の特徴

馬肉は鶏肉と同様に、低カロリーでたんぱく質が多く含まれています。

その上、グリコーゲンという糖質が多く含まれているため、疲労回復にも効果的です。

嫌でも体力が落ちてしまう夏には、とても良い食材です。

生で与えると酵素が採れる

生肉には、酵素が豊富に含まれています。

酵素は、熱に非常に弱いため加熱・加工されて市販のフードには含まれていないことが多い栄養素です。

酵素は消化を助ける

加熱・加工された犬のフードの中には、消化しにくい食材も含まれていることがあります。

こればかりを食べていると、代謝酵素の多くを消化酵素に使ってしまいます。

犬にとって「生肉」は、消化を助け、スムーズに吸収できる優れた食材です。

寄生虫や細菌が心配

生のままお肉をワンちゃんに与えるということに抵抗のある飼い主さんもいますよね。

しかし、犬の胃酸は人間よりも強力で、必要以上に心配することはありません。

多くの寄生虫は、マイナス20度で48時間冷凍処理すれば死滅することも分かっています。

馬肉なら、牛や豚に比べ体温が4~5℃高く、寄生虫などがつきにくいといわれています。

人間が生で食べるお肉の代表に“馬刺し”が上げられるのも、このためです。

生の馬肉ミンチは夏バテでも食べてくれた!

犬の食欲不振には、生の馬肉が良いと思った我が家は、早速、馬刺しの専門店が作った馬肉パラパラミンチ
を注文。

クール便で注文してから2~3日で手元に届きました。

ミンチなので解凍も早い

ミンチなので、カットする必要がなく、使用する分だけお皿にいれて解凍できることが、とっても楽チンでした。

冷蔵庫で、ゆっくり解凍するとドリップを防ぎ、旨味もそのまま。

1食分なら冷蔵庫で30分ほどで解凍されていました。

保存に便利なチヤック付き

馬肉ミンチは、1袋300gとたっぷり入っています。

トッピングに使用するのは、少量なので冷凍庫で保存することになりますが、そんな時に嬉しいのがチャック付きの保存袋。

けっこう細かいところですが、あると無しでは、煩わしさが全然違います。

早速、生の馬肉ミンチを与えてみた

早速、解凍していつもフードにトッピング。

匂いが違うのでBonも、ご飯の用意をしている間もソワソワ(笑)。

人間が食べても大丈夫な、素材なので美味しそう~。

馬肉は、豚や牛よりも赤身が強くて食欲をそそります。

いつもより、背筋の伸びたオスワリをするBon。

「よしっ」と声をかけると・・・

クンクン嗅かずに、いきなりガツガツ食べ始めました。

いつもならフードも一口か二口で、やめていたのに、馬肉ミンチをトッピングしただけで、ノンストップ

あっという間に完食して、お皿をペロペロなめていました。

飼い主もここまで食べてくれるとは、驚きでした。

あまりの馬肉の旨味と甘さに、もっと欲しそうな顔で恨めし気に見てきます。

気になえ生肉の心配も、お腹を壊すこともなく元気に過ごしており、毛づやも良くなった気がします。

これで、「夏バテで食べてくれない」という悩みから解放されました。

Bonが食べたトッピングはコレ→馬刺しの専門店が作った馬肉パラパラミンチ

最後に

健康に過ごすための基本である食事を、夏バテでワンちゃんが食べてくれないと心配になりますよね。

我が家のBonは、いつものフードに生の馬肉をトッピングすることで食欲が戻ってくれました。

夏バテの状態が長く続くと、疲れが抜けずに別の病気を引き起こしてしまうかもしれません。

そのためにも、夏バテ症状を見過ごさず対応してあげたいですね。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です