【危険】ボストンテリアに与えてはいけない食べ物と与えてしまいがちな要注意食品

犬が食べてはいけないものは色々あることは知っていますが、

なぜ食べてはいけないのか?もし食べてしまうと、その後どうなってしまうのか?

欲しがるから、少しだからといって、犬にあげてしまうと中毒症状がおきる危険な食材や、

普段身の回りにあって、うっかり食べてしまうかもしれないものなどを

ボストンテリアBonのこれからのために、わかりやすく記録してみました。

Sponsored Link

絶対に与えてはいけない食べ物

可愛い愛犬が、最悪の場合に死亡してしまう恐れのある食べ物です。

ネギ類(長ネギ、玉ねぎなど)
血液中の赤血球を壊す成分が入っているため、血尿や下痢、嘔吐などを起こす可能性があります。
大体、食べてから約2日ぐらいで発症し、真っ赤な尿がでるとともに、貧血を起こします。
加熱しても成分が分解されません。ついつい忘れて与えがちなハンバーグや餃子なども注意が必要です。

香辛料(わさび、からし、唐辛子など)
香辛料はワンちゃんの胃腸を刺激して下痢を引き起こします。特に子犬の下痢は大変危険です。
また、感覚麻痺などを起こす可能性もあり怖い食べ物です。

チョコレート
チョコレートが好きなワンちゃん多いですよね。前に飼っていたボステリが一度、うっかり食べてしまって
私がチョコレートを食べる度に異常に欲しがっていました。
しかし、カカオの成分が原因で、嘔吐や下痢、中毒症になり、ショック状態や急性心不全になることがあります。
今、流行りのカカオ含有量の高いチョコは、とっても危険だそうです。

ぶどう(干しぶどうも)
中毒症や腎臓障害の原因になります。ぶどうの皮が特に危険です。レーズン入りのパンも気をつけて下さい。

キシリトール
一見、犬の虫歯予防に効果的な感じがしますが
犬がキシリトール入りのものを食べると急激にインスリンが放出され、深刻な低血糖を引き起こしてしまいます。
キシリトールは犬にとって非常に毒性が強いため、10kgの犬に対し1gでも危険とされています。
日本で有名なキシリトール入りのガムには一粒約0.5gのキシリトールが配合されています。
小柄なボストンテリアの場合、たった一粒のガムを噛んだだけでも
嘔吐、下痢、ふらつき、発作、昏睡などを起こしてしまう可能性があり大変危険です。



ついつい与えてしまいがちな要注意な食べ物

犬にそんなに害がなさそうな食べ物ですが、過剰に摂取してしまうと危険な食品です。

牛乳(ヨーグルト、チーズなど)
消化が悪いので、下痢や嘔吐の原因になる場合があります。
生後3か月のBonは子犬用のゴートミルク(ヤギミルク)を与えています。
チーズは少量であれば問題ありませんが、人間が食べるチーズは塩分が多いので
カッテージチーズなど塩分控え目が好ましいです。

生の甲殻類(カニ、エビ)イカ、貝類
ビタミンB1欠乏症を引き起こす恐れがあります。
またイカは消化が悪いので、消化不良の原因になることもあります。

ナッツ類
栄養があって、体に良さそうですが消化が悪いので、消化不良の原因になります。
とくに輸入品は、原産国の段階から汚染されている場合があり、避けた方が無難です。

鶏の骨
鳥の骨は硬く縦に裂けるため、食道や消化管を突き刺して傷つける可能性があります。
台所のゴミ箱漁りには、注意です。
固いものを噛ませるなら、犬用に販売している骨の方が安心です。

ボストンテリアBonにデンタルボーンを与えてみた。歯磨き効果と注意点

2018.09.12

生卵
白身に含まれるアビジンという酵素が、成長不良を引き起こすことがあります。

野菜
生野菜はほとんど消化できません。そのため、消化不良などから下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。

加熱して食べられる野菜は、アスパラ、枝豆、キャベツ、いんげん、オクラ、カブ、きゅうり、ごぼう、さつまいも
じゃがいも、大根、とうもろこし、トマト、なす、白菜、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、しそ、パセリ、レタス
などです。

散歩中やお庭で口に入れない様に注意するもの

散歩中やお庭で、目を離すと口に入れてしまいがちですが注意が必要です。

園芸植物、観葉植物、野草など
特に以下の植物は、中毒物質をもっているものが多いので、口にしないように気をつけましょう。


スイセン、チューリップ、スズラン、アサガオ、アロエ、ユリ、ススキ、ポインセチア 、ポトス
ツツジ、トリカブト、ユリ、レンゲ、ヒガン花、スミレなども注意です。

虫などの生き物
ボストンテリアなどの犬は動くものを、捕まえて口に入れてしまうことがあります。
飼っていたボストンテリアも、ハエやヤモリなどを追いかけていました。
ハエやミミズなどは食べても健康上は、問題がありませんが不衛生なので、
なるべく食べないように気をつけた方がいいです。

それから、日本に多く生息しているカエルでヒキガエルにはブフォトキシンという毒があります。
くれぐれも食べないようにしないといけません。

困った!拾い食い!落ち葉を食べてしまうボストンテリアBonのしつけや対策は?

2018.09.19

食べられるものでも許容量を守る

犬が食べられる食べ物でも、ワンちゃんによってはアレルギーを引き起こすこともあるので

事前に調べた上で、食べさせてあげてください。

食べられるものは、あくまでも「許容量」の範囲で。

それもワンちゃんの体格や体重などによっても異なるので、注意してあげて下さい。

注意点まとめ

以前、飼っていたボストンテリアには、誕生日にチョコレートケーキを

良かれと思って一口ペロッと舐めさせたりしていました。

しかし、その一口が危険な行為だと分かり反省しています。

また「食べてはいけない食品」で初めて知った食べ物もありました。

これからは気をつけて与えないようにするのはもちろんのこと、

Bon が勝手に食べないように気をつけることも重要です。

机の上などに食べ残しを置いておかないようにしたり、ゴミ箱は蓋付きのものにしたり

未然に防ぐ工夫もしておきたいと思いました。

ボストンテリアの「年齢早見表」と「平均寿命」健康で長生きする秘訣

2018.09.14

ボストンテリアに最適な保険の選び方とは?ペット保険3社を比較して申し込んでみた

2018.09.29

ボステリブログランキングは
↓↓コチラです↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です