犬の胃腸炎!下痢&嘔吐でボストンテリアBon(7か月)病院へ

なんだか、ここ2日くらい食欲がなく心なしか大人しいBon。

ついには、何も口にしなくなり下痢&嘔吐で病院へ行ってきました。

病状と、通院を記録しておきます。

Sponsored Link

犬の胃腸炎?!症状

Bonの症状としては、まずドッグフードに口をつけなくなり

部屋の温度も低くないのに、ブルブルと震えたりしていました。

また、軟便から下痢に変わり、何か食べさそうとササミを茹でて

ほぐして与えると、食べてくれはしたものの次の日には嘔吐。

これは大変だ!ということで姉妹で病院に緊急搬送しました。

動物病院での検査・診察・処置

動物病院につき、まずは体重測定。7か月で6.04kg

何も食べてはないとはいえ、体重が極端に減っていることもない?

(そーいや最近体重を測ってなかった)

検査

お尻で体温測定。これも平熱で異常なし。

犬の体温は何度くらい?平熱は?ボストンテリアBonの体が熱い

2018.09.22

それから、お腹の中の様子を見るために、検便。

なぜか、お尻グルグリされるとチャンタ妹に飛びついて耳ペタ・・・。

嬉しい??(笑)たぶん緊張してるな。

先生が便を顕微鏡?でチェック中。




検査結果としては

少しお腹の菌のバランスが崩れているけど

悪さしている菌は、見つからなかった。

診察

お腹を触診しても、痛がる様子もないし

「ウッ」となる感じもないので、痛みは出ていないよう。

処置

とりあえず、下痢と嘔吐の症状がよくなるように注射を打つことに。

「下痢止め」と「吐き気止め」と「構成物質」の3本

注射は、あまり痛がらないので今回も安心して見ていたら・・・

ボストンテリア子犬の予防接種の時期や費用は?Bon初めての病院へ行く

2018.08.25

まずは1本目。痛くないようでBonも大人しい。

続いて2本目。これも大丈夫。

けれど、最後の3本目でBonがパニックに!

3本目はお尻ではなく、前足の付け根だったみたいで、

先生いわく、少しピリピリする注射のようで2回ほど「ウォン!」と吠えました。

初めてBonの鳴き声を聞きました・・・。

なんだか可哀そうな声だったけどね。

ボストンテリアは無駄吠えしない犬種は本当かも!生後3カ月のBonの鳴き声を聞いたことがない

2018.09.20

診察結果

たぶん胃腸炎だろうということで処置は終了。

明日また吐いたり、下痢するようなら

受診するように勧められました。

そして、食欲がないBonのために消化の良い缶詰のフードと

お薬を3種類もらって帰りました。

ハッキリした原因は分からないものの

最近の寒さで、体が冷えて弱っていたかもしれないことと

年末にお風呂に入れたことが、もしかしたら関係あるのかもと言われました。

ボストンテリアは寒さに弱いので、目安として室温を22℃~24℃

保つようにと先生に教えてもらいました。

診療代金

再診療 500円
検査料(便検査)500円
注射代(3本) 3000円
お薬代 780円
処方食(缶詰2缶)880円
消費税 452円
合計 6112円なり

とりあえず70%戻ってくるFPCの保険に入っているので

初めての保険請求をしました。

FPCは、免責金額がないので細かい通院も補償されます。

ボストンテリアは皮膚疾患も多い犬種なので

皮膚病やアレルギーの通院も補償されるのは助かりますよ。

保険請求といっても、保険証のコピーと、レシートを郵送するだけ簡単♪

ボストンテリアに最適な保険の選び方とは?ペット保険3社を比較して申し込んでみた

2018.09.29

その後の経過

帰宅した夜には、先生に言われた缶詰めを完食。

しかも、注射と薬が効いたのか元気が出てきました。

次の日には、缶詰めにガッついて完食…そして、まだ食べたりない様子で、こちらに催促するほど食欲も戻りました。

缶詰めが相当おいしいらしく、これからドライのドッグフードを食べてくれるか不安になるほど。

最後に

あとは、体調が万全になるまで1週間くらいは、散歩も極力短く済ませようと思います。

人間も寒いとノロウィルスや胃腸炎にかかりますが

犬の場合も、冷えからくる胃腸炎になるんですね。

みなさんも、まだまだ寒いのでワンコの室温や体調に気をつけて下さいませ。

ボステリブログランキングは
↓↓コチラです↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です