困った!拾い食い!落ち葉を食べてしまうボストンテリアBonのしつけや対策は?

毎日の散歩が日課になってきたボストンテリア子犬のBonですが

困ったことに、風に吹かれている落ち葉をチョコチョコと

追いかけては、食べてしまうことです。

Bonの健康のことを考えると、すぐにやめてもらいたい行動です。

Sponsored Link

落ち葉って食べたら害がある?

食べないというのがベストな行動ですが、もし口に入れて食べてしまったら

体に害があるのか気になります。

Bonは、落ち葉だけでなく道に落ちているもの何でも口に入れてしまいます。

散歩を始めたばかりで、外にあるものすべての匂いを嗅いだり、

口にいれたりして、確かめずにはいられないみたいです。

道に落ちている、植物には食べてはいけないものも含まれている可能性があります。

【危険】ボストンテリアに与えてはいけない食べ物と与えてしまいがちな要注意食品

2018.09.15

犬にとって毒性のある植物を食べてしまうと下痢、腹痛、おう吐、皮膚炎、

場合によっては死に至ることもあります。

また、落ち葉や草には殺虫剤や除草剤が付着しているかもしれません。

また、秋に近づいているこの季節は、公園にどんぐりや松ぼっくりも落ちています。

どんぐりや松ぼっくりに毒はないですが、消化の悪いものなので

たくさん食べてしまったら下痢や嘔吐の原因になります。

最悪、体に詰まってしまったら手術をして取り除かなければなりません。

あとは、うちの近所にはイガ栗も落ちています。もしBonが触れてしまったら

怪我をしてしまう危険があるので、近寄らないようにさせたいです。

他にも、秋の植物にはススキ、彼岸花には毒性があります。



落ち葉などを食べさせない方法と対策

子犬だから仕方ないというところもありますが万が一、成長しても

拾い食いのクセが付いてしまっては困ります。

対策としては

・リードをうまく使って、食べそうな時に首を持ち上げる

・犬ではなく飼い主の私達が歩く主導権を握る

・食べようとしてないか、よく見ながら散歩する

落ち葉が風に吹かれていようものなら、すぐにクンクンして食べてしまうので

なるべく首を上げて歩かせるのも良いです。

その練習のために、オヤツなどのご褒美で気を引いてあげるのも

しつけには良さそうです。

犬が行きたい方向に進むのではなく、飼い主が行く方向についてくるようにすれば

落ち葉がたくさん落ちているところも避けられます。

散歩で一歩外に出ると、犬が興味を持つけれど口にしてはいけないものがたくさんあります。

落ちているものが危険なのかどうかは子犬のBonには判断できません。

飼い主の私達がよく見て、食べてはいけないものから事前に遠ざけてあげなければいけません。

これからは、飼い主の指示で食べてはいけないものから、意識をそらす練習をしていきたいと思います。

拾い食いにお困りの飼い主様、お互いに頑張りましょう♪

ボステリブログランキングは
↓↓コチラです↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です